トップページ設置をご検討のお客様導入の流れ

設置をご検討のお客様

導入の流れ

基本事項の決定

  • (1) 導入主体者(事業主体者)の決定
  • (2) 導入目的(収支処理計画)の決定
  • (3) 事業規模・組織(人員、役割)の想定
  • (4) 資金調達の想定

導入地点の範囲・箇所の可能性調査

  • 河川、農業用水路、上下水道施設放流渠、工場排水路・電力施設(原子力火力発電所・LNG基地排水放流水路)などで地点、範囲、規模の有望地点を抽出する。
    ※現地状況資料の収集・調査を行い机上において可能性のある地点及び範囲を選択。
    必要データ・資料(水系模式図、水路平面図、水路縦断図、水路構造図、水況データ(流量等)、現地写真)
  • 事業性の算定
    概算の事業採算算定(事業費、初期設備導入、ランニングコスト、事業収支等)
  • 資金調達計画

可能性調査・基本設計

  • コンサルタント及び調査会社の決定
  • 基本設計を実施(現地調査測量、流量調査、概略図面の作成、工事費の算出等)
  • 地元住民への説明
  • 河川法許可手続き・電力系統連携の事前協議等

実施設計(詳細設計)

  • コンサルタント業者の決定
  • 施工図面の作成、特記仕様書、設計書の作成、事業予算の積算
  • FIT認定手続準備
  • 河川法(水利権、占有権)許可申請準備
  • 電力系統連携準備

建設工事、完成

  • FIT認定、水利権、占有権、電力系統等の諸手続き
  • 設置・施工業者の決定
  • 工事計画の届出、主任技術者選任、保安規程の届出等
  • 土木工事、機器据付け工事、試験調整、完成

上記は一般的な小水力発電導入及び小水力発電事業の流れを示すものですが、計画の規模などにより必要に応じて簡略化することも可能です。

各作業内容の解説・説明

水路の発電可能性調査

  • (1)市町村など地域単位、または土地改良区の区域を決めて調査を行う。
  • (2)事前に自治体又は土地改良区より水路管理用の水路系統図、平面図、縦断面図、水量データ等を入手し、データ分析して適格地の候補を調査する。
  • (3)現地調査にて、事前データとの確認及び電力系統など候補地点を絞り込む。
  • (4)各候補地点の調査結果をまとめる。
  • { 1 } 落差、流量、流況の調査
  • { 2 } 発電出力、年間発電量の算出
  • { 3 } 発電設備の概略設計(概略図面の作成、需要設備、水車発電機の仕様選定)
  • { 4 } 概略工事費の算出
  • 建設単価算出による経済性評価
  • 問題点の抽出(水利権、法的規制、アクセス路等)
  • 経済性事業性評価の目安として、(規模・場所・条件により異なります)
(1) 「事業採算性IRR(投資に対する収益率・利回り)」
5~7%が事業推進の可否(10%前後が目標)
(2) 「建設単価」(設備機器・設置工事・土木工事の総事業費)
100kW~500kWクラス 落差型タイプ120万円~180万円
10kW~100kW未満クラス 開水路流水型80万円~120万円
(3) 「発電単価」
200kW~500kWクラス 20円/kW前後(FIT価格30.45円/kWh)
10kW~200kW未満クラス 25円/kW前後(FIT価格35.7円/kWh)
※FIT価格は2015年時点のものです。

基本設計

基本設計の内容
  • 地形図又は測量等により、総落差、有効落差の算出
  • 流量データに基づき、流況曲線の作成、維持流量、最少・最大発電使用水量等を算出
  • 水車発電機器の機種・タイプの選定、発電出力、年間発電量の算出
  • 発電設備概略図、概略仕様の作成
  • 概算設備費・工事費用の算出、ランニングコストの算定、諸経費の算定、収支計算、経済性評価
  • 関係各所との協議・事前承諾等(自治体、土地改良区、電力会社、経済産業省等)

※法的手続き等
河川法(水利権等)、その他の許認可関連: 計画概要の事前説明(関係各所との協議・調整)
系統連系協議: 計画の事前説明

実施設計(詳細設計)

実施設計の内容
  • 基本設計の再確認及び詳細細部の計画・設計
  • 設備・施工図面の作成
  • 機器仕様書、工事仕様書の作成
  • 設計書(積算・発注用)の作成
  • 関係各所との協議・調整・締結

※法的手続き等
河川法(水利権等)、その他の許認可関連: 事前協議、申請書提出
系統連系協議: 発電設備、システム概要の事前説明
FIT(全量買取制度)の認定協議

事業開始(設備工事・建設工事~完成・売電開始)

設備工事・建設工事は、工事施工計画書に従って行う。
  • 準備(関係部署の協議・許可)
  • 土木工事、設備工事、電気工事、付帯工事
  • 水車発電機器の据付工事
  • 設備試験・試運転調整
  • ——————–完成後、完成検査の実施、引き渡し。

法的手続き等
着工前:工事計画届け、主任技術者の届け出、道路使用許可等
工事中:系統連系申請、FIT認定申請、保安規程の届け出 、電気事業法届け出
電力会社との売電契約など

プロジェクト全体の流れ

プロジェクト全体の流れ

事業スケジュール(100機単位事業の場合)

事業スケジュール(100機単位事業の場合)

お問い合わせ・資料請求

インターネットからのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

営業部

TEL:03-6364-0954